男の持ち物ーブランドの靴


ファッションは足元からといわれるように、ブランドの洋服も、ブランドの時計も足元がスーパーで山積むされた靴ではチョット他のブランド品までが同一商品と見られますよ。


60代にもなれば一足くらいはフェラガモの靴を持ちたいものです。
靴だけはチョット無理してでも履きやすい靴を選びたいものです。
すこしお歩くと足の疲れが違います。
また意外と見れらないようで見られているのが足もとかもしれません



お出かけに運動靴はないでしょうが、一足くらいはフェラガモの靴を選びましょう。
60代男性にとって、持っていて決して損のない商品です。



フェラガモ靴ブランドの出だしは、創業者のサルヴァトーレ・フェラガモが1927年にイタリアのフィレンツェで「サルヴァトーレ・フェラガモ」を立ち上げたことで初お目見えしました。


そして、フェラガモ靴商品の色づかいの出来映えなどが、底抜けに冴え渡っているとか、大層絶品だとずっと好評を得て、そしてまた、洗練されていて、尽くしてくれる製品といわれています。



素材、縫製、デザインすべてにおいて信頼できる上質なフェラガモの靴は、誰もが一足は用意しておきたいと思う品と言えましょう。ひらめき



posted by 60歳男性の心得 at | 男の持ち物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男のエチケットー口臭


加齢臭と同じように臭いで厄介なのが口臭です。
こらからのシーズンは忘年会とか新年会などでお酒を飲む機会も多いことでしょう。


帰りの満員電車の中で酒の臭いをプンプンさせながら周囲の迷惑もそっちのけで酒席での
上司の悪口を言っている中年のおっさん。。。。
どんっ(衝撃)

酒とニンニクの臭いで周囲の乗客は顔をしかめている・・・といった光景をこれから見る機会が多くなると思います。
また、二日酔いでまだまだ酒の臭いをプンプンさせながらの商談。。まとまる話もまとまりませんよね
ついつい酒がはいると周囲の迷惑もおかまいなく。。。というような状態になりがちですが、
そんなときに口臭対策用の商品をポケットに忍ばせていれば。。。

口臭は家族は以外からはなかなか誰も注意してくれません。・・チョット口臭きついで・・・・
とはいいにくいものです。


それだけに自分で日頃から注意が必要ですね。
私は外出時にはいつも口臭スプレーをポケットに忍ばせています。




また口臭は酒の後だけとは限りません。胃腸が悪いときとか、食事の後、歯の治療中とか、口内炎とか、便秘とか。。etc..



いろいろな状況で口臭が強くなるかわかりません
私は打ち合わせなどのときはその前に口臭スプレーをひとふきするようにしています。
相手に好印象を与える方が商談も成立しやすいですね。
晴れ

posted by 60歳男性の心得 at | 60代のエチケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイリスクハイリターン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。